脂肪吸引の痩身効果|部分痩せのダイエット方法|体を傷つけずに痩せる
医者

部分痩せのダイエット方法|体を傷つけずに痩せる

脂肪吸引の痩身効果

水着の人

脂肪細胞が少なくなる

脂肪を取り除く美容整形が脂肪吸引です。脂肪吸引はダイエットをしても細くならない人や、部分的に痩せたい人などに人気があります。太る原因となるのが脂肪細胞です。脂肪細胞の数は一定していて、自分自身で減らすことは不可能です。ダイエットをして痩せると、脂肪が落ちたように見えます。しかし、実際は脂肪細胞のひとつひとつが小さくしぼんでいるだけで、数はそのままです。そのため、成功したとしても、いずれ太るリスクが伴います。脂肪吸引の場合は、カニューレという吸引管を挿入して、脂肪細胞そのものを体から取り除きます。小さくなるだけのダイエットとは違い、数が減るので元に戻ることがなく、一生効果が続きます。また、太ももやふくらはぎ、お尻や背中など、ダイエットでは痩せにくい部分だけ絞って脂肪を落とすことが出来ます。東京の一部の美容外科クリニックでは、最新の低リスクかつ高効果な脂肪吸引を導入しています。従来の手術は高いリスクがあり、取れる脂肪も限られました。しかし、東京の美容外科で最新の脂肪吸引をすれば、出血、痛み、術後のダウンタイムなどがほとんどないので安心です。90%近い皮下脂肪を、一度の手術でムラなく綺麗に除去できます。

超音波とレーザー

脂肪吸引をしてダイエットをしたいなら、手術の種類や特徴をよく知っておく事が大切です。最新の手術に、ベイザー波という超音波を痩せたいエリアにあてる方法があります。超音波で脂肪細胞をバラバラにしてから吸引します。この手順で行うことで、脂肪細胞の周りの血管や神経へのダメージを軽減できます。それによって痛みも出血もほとんどなく、真っ白で混じりっ気のない脂肪細胞が取れます。東京の美容外科を中心に普及していて、大きなクリニックなら導入しています。超音波ではなく、脂肪溶解レーザーを照射する方法もあります。レーザーも超音波と似たような効果があり、周囲の組織を傷つけないで脂肪吸引ができます。レーザーをあてるだけで脂肪細胞が溶解され、吸引管で吸い取りやすくなります。また、そのまま手術をするよりも体への負担が少なく、術後の回復が早いのも特徴です。最新の手術は、執刀する医師のスキルに結果がそれほど左右されないのも魅力です。普通の脂肪吸引でも高いダイエット効果があります。より高い効果と安全性を求まるなら、超音波やレーザーを活用して行う脂肪吸引がお勧めです。どちらも東京の美容外科クリニックで採用していて、日帰りで受けることができます。